2016年3月29日火曜日

第1回開催前夜(1997.5某日)

準備のため、前夜から会場のホテル(シーモア)に宿泊していました。

準備は完了したのですが、関係者全員がやきもきしていました。
 というのは、ちょうど台風何号かが接近していて、翌日の東京からの
 飛行機(当時はプロペラ機で、午前と午後の2便)が飛べるかどうかは風次第の厳しい天候でした。
 講師の多くを東京から招いていたので、もし飛べないということになれば、プログラムの変更や、極端な場合には、中止もやむを得ない状況でした。

<当時のホテルシーモア玄関>

 第1回(と第2回)は、金・土の2日間開催で、1日目がうまく運営できないと、完全な失敗になってしまいます。
 夜半、何度も起きては白い波の立つ荒れる海を見、ため息をついていました。
 朝になって、ようやく収まりましたが、さて肝心の飛行機が飛ぶかどうか。
 何度も白浜空港に問い合わせ、ようやく1時間程度の遅れで到着するという。
<当時のホテルシーモアのロビー>


 あ~助かったと思いました。「神風」ではなく、「神」そのものでした。
 今思い出しても冷や汗が出ます。

(当時の事務局担当 植谷肇)

0 件のコメント:

コメントを投稿